就職活動

就活に得するからと営業バイトをやってみて得したコト3選

就活に得するからと営業バイトをやってみて得したコト3選のイメージ

就職活動を控えてる学生の皆さん!今から就活という人生を左右する大切な道に歩もうとしていますよね。僕ら大学生は就活時に、周りの人間よりも得をしてより優位に立ちながら就活したいと感じるはず。

就活の時、基本的に持っていれば得するスキルとしては、コミュニケーション能力、度胸、行動力、仕事に対しての考え方、根性など他にも色々あります。実はその就活に得するような能力が学生のうちに全て得られるバイトが存在しています。

それが営業のバイトです!

もちろん、ただ普通のバイトでもさっき話したスキルが少しだけ得られるかもしれません。しかしこの記事ではとにかく周りに圧倒的な差をつけて就活で得したいと思っているそこのあなたに対して得する話をしていきます!

そこで今回は就活に得するからと営業バイトをやってみて得したコト3選をご紹介していきます!

初対面の人でも上手に話すことができるコミュニケーション能力が手に入る!

コミュニケーションのイメージ

まず、この営業というバイトに事前に用意しないといけないものは口と足です。「口」というのは人と話ができるコミュニケーション力のこと、「足」は「行動力」のことを指します。初期投資金もちろん必要ありません。

コミュニケーション能力は営業をしていると、嫌でも付いてきます。お客様に対して営業をしたり、お客様の緊張感を解いて信頼感を上げるために、たわいもない日常的な会話をしたりというのを何百回も続ける訳なのでコミュニケーション能力は自然と身につきます。

ゆうじ
ゆうじ

ちなみに僕は常にお客様のことを知ってそのお客様の事を考えながら営業を進めていこうと考えるのでお仕事の事やお休みの日は何をされているかなどで、緊張感をほぐし会話を進めるようにしています!そしてその時に会話に花が咲くように進める事が出来たら「うまく話せるようになったなぁ」と感じました

 

では、コミュニケーション能力が実際、就活でどのように得するかを話して行きましょう。

まず僕達が行なっている営業は飛び込みの営業です。飛び込み営業とは、99%赤の他人に対面してから営業がいきなりスタートして、そこから今の現状より最適なサービスを提案して営業を進めていきます

さぁ、ここで就活時の面接と比較しましょう!まず面接官(赤の他人)に呼ばれて部屋に入りその面接官の質問に最適な答えを自分で出して自分のことをアピールしていきますよね。どうですか?もう頭の良いあなたは理解しているかもしれません。

そうです、僕達は営業バイトをしながら常に面接の練習を行っているのです!しかも何百回も。

この時点で圧倒的に得しています。実際営業バイトをしていない人が就活時にいざ面接となれば大抵の人は緊張してしまい、テンパるはずです。

ゆうじ
ゆうじ

僕達はそれがありません。なにしろ何百回も練習しているのだから。

僕の体験談として営業はワンパターンではないので色々なお客様に対応していくのは初めは大変でした。しかし、色々な方に営業する事で話に余裕ができ、このお客様は何を求めているかを考えれるようになりました。

またお客様とたわいもないコミュニケーションをとる中で、色んな企業の情報も得られる時が数多くあるので、もし会話に困ったらその話をしましょう。確実に会話が途切れることはありませんので、ここでもまた得します。

このように圧倒的なコミュニケーション能力がつくので就活には得します!

自分で考えて動くことができる「行動力」がつく!

行動力のイメージ

では今度は、「足」こと「行動力」についてお話します。就活は行動力があれば大抵、成功します。

なぜかというと行動力があれば、例えば僕達大学生は就活では行きたい企業をWebサイトなどでリサーチしてその企業がどういった人材を求めているかリサーチしたり、そして実際インターンなどに行き、肌で学んでいく、など、得るものが多いです。

また、ただ自己分析に関してもぼーっとなあなあに生きていても本当の自己分析はできません。というのも実際に自己分析をしてくれる場所など(学校や自己分析に特化している企業、セミナーなど)に行き、明確にする必要があるからです。

ゆうじ
ゆうじ

自己分析をしてその行きたい企業が自分に合っているのか違うのか、働けそうなのか、厳しそうなのかなどを判断することができます。行動力があれば、その場所に足を運んで自己分析ができるようになるはずです。

このように行動力は就活に得するということは理解でましたよね。では、その行動力がなぜ営業のバイトにつくのかを話しましょう。

僕達がやっている営業は先程も述べたように、飛び込みの営業です。そしてどこに行くというのは飛び込みの営業なので特に指定はありません。どこの地域が今持っている自分の商材に対してニーズがあるのか、いま困っているお客様がより多い都道府県はどこなのか。

もう満足されているお客様のところに行っても何の意味もないのでそこの地域は避けなければならないなどと、すべて自分で考えます。

このように営業バイトをしている人達は、自分でどういった行動をすればどうなると常に考えているので、就活が不安などと考える前にじゃあこうしたら一番良いという思考になるのです。つまり行動力の向上は就活の時に大きく得することになります。まさに先手必勝ですよね!

大学生のうちから営業の基礎を身につけることができる!

基礎のイメージ

これは一番根本の話です。これからこの記事を読んでる人はきっと一般企業に就職をされる方が多いですよね。という事は営業という仕事は嬉しくも悲しくも確実に必要になるのです。つまり、その絶対に必要となる営業を学生のうちから経験しておくことで、その時の予行練習になります。

さらに教えてくれる営業の根本のノウハウを身を持って経験しているため、頭にスッと入り込みやすくなります。将来得すること間違いありません。

次に、就活時の面接で営業をしていたと話をするとしましょう。ここの時点で面接官に自分の強みを話せて得します。なぜなら、シンプルに考えて商材は違うと思いますが、営業の根本のノウハウを学んでいる人材を欲しいに決まっているのです。企業にとって色々なメリットが多すぎるので。

ゆうじ
ゆうじ

僕なら営業をしてきたので営業に対する根気強さやただ普通に営業するのではなく、どうしたらそのお客様の本意を打ち明けてくれるかを考えながら行うなどを話します!

また、そのようなネタがある人間は興味を持たれやすいです。そして学生のうちに営業をしていて面接官が食いつかない訳がありません。

営業バイトをやっている僕たちはこの時点でさらに得します。食らいつく理由として営業というわかりやすい実績があるからです。

ゆうじ
ゆうじ

僕はこの前1日17件を獲得し、未だにこの記録は会社の中でTOPとして残っています。

また、面接官とコミュニケーションをとることによりその面接官が何を求めているかを考えながら話しているなと企業側は解釈するので食らいつきます。

このように簡単に言えば営業のバイトをするだけで就活時に大きく得することは目に見えています!

まとめ

まとめ

さて、今回は就活に得するからと営業バイトをやってみて得したこと3選をお話ししました。営業をしてみて就活で得することはまだまだありますよね。

今回僕の方から、就活で得をすることをざっと紹介しました。まとめるとコミュニケーション能力は面接の時に効果がでます。行動力に関しては就活に得するための準備体操と思ってください。

最後に営業をしていたという実績経験は就活ではもちろん実際仕事で営業をスタートした時に大きく周りと差がつくでしょう。

また、これ以外にも自分で新しく見つけ出すのも面白いかもしれません。なににしろ自分で見つけ出す方が効果も高いですし、説得力が増します!

営業とは就活の練習をしながらお金も得ることのできる一石二鳥のバイトです。普通のバイトではただ、お金を稼ぐだけで終わってしまう可能性が高いので、自分から考えたり、色んな人と話をして刺激を受けるなどの体験をすることは少ないでしょう。

もし少しでも人生くすぶっている気持ちや、就活の時に得をしたい気持ちがある方は、行動を起こしてみるのもいいですよね!

この記事をかいた人

ゆうじ

大学2〜3回生に関西学院大学の野球サークルの代表を務め、70人をまとめる事で、組織の上に立つ大変さと楽しさを学ぶ。将来経営したい気持ちから営業を始め代表に就任する。12年間の野球人生で得た体力と精神力を活かし、日々奮闘中。最終的に100人以上の組織にするべく試行錯誤を繰り返している。

ゆうじの最新記事

タイトルとURLをコピーしました