就職活動

後悔しない就活のために今、学生が入るべき団体はこれ!~大阪編~

後悔しない就活のために今、学生が入るべき団体はこれ!~大阪編~

学生団体はサークルなどとは違って、社会と接点を持って社会と積極的に関わっていく団体なので、大学生活を充実させたい人が集まっているところが魅力ですよね。でもインターネット上に登録されている学生団体は、大阪府内だけでも3000以上もあります。関西在住の学生であれば、せっかく所属するなら、その中から将来につながる有意義な団体を選びたいはず!

学生団体と就活の関係性に関していえば、「学生団体に入ることで就活が有利になる人は多い」といえます。でも気を付けたいところは、団体に漫然と所属しているだけでは、就活が有利になることはない、ということです。逆に言うと自分の目標を決めて、自分の入った学生団体を最大限に生かす活動をするなら、夢をつかむための貴重な活動になることは間違いありません!

学生団体における最大のメリットは、「社会人、企業、他団体との接点を持ち、将来使えるスキル・素養を養える」ことです。ですから、まずはどんな業種を目指すのか、どんな社会人になりたいのかがはっきりしていれば、所属する団体も選びやすいはず!

そこで今回は、将来の就活に役立つ学生団体のうち大阪付近で活動しているものを、「企業・就活系学生団体」「地域系学生団体」「国際交流系学生団体」「ボランティア系学生団体」「メディア系学生団体」に分けてご紹介します。

企業・就活系学生団体「就職支援団体LOF」

就活のイメージ

企業・就活系学生団体は、大学生のうちに企業やOBなどの社会人の人たちと交流したり、団体内で情報交換することで、将来の就活に役立てることを目的とした団体です。学生個人では不可能な、縦と横の人脈を構築できます。

このような企業・就活系学生団体は、大阪近辺では「就職支援団体LOF」などが有名です。「就職支援団体LOF」を例にとると、定期的な懇親会を実施したり、全国規模のLINEグループを作ることで、積極的な情報交換を行っています。たくさんの学生が参加するので、人脈を広げるほどに有用な情報が増えていくはずです。

「就職支援団体LOF」のような企業・就活系学生団体のメリットは、企業との直接の接点やメンバーの間で情報交換できることです!

実は就活における一番よくある失敗は、企業が求める人材と自己PRがずれている、というものです。企業が求める人材というのは業種によっても、個々の会社によっても違います。でも、あまりにも多くの大学生が「企業が何を求めているのか」を知らないままに大学生活を過ごし、そして就活アドバイザーや就活本の「一般的なアドバイス」に従って就活を始めてしまっているのです。

ですから、どういう企業にいきたいのかを大まかにでも決めておいて、早いうちから企業・就活系学生団体で先輩の話を聞いたり、マイナーだけど有用なイベント情報を団体メンバーで共有できれば、企業が求める人材像も把握しやすくなります。

運がよければ、自分の希望する業界にメンバーがインターンなどにいっているという場合もあります。そうなればめっけもの。内部の情報や企業の気風を、しっかり入手できるわけです!

地域系学生団体「関関COLORS」

関関colors

地域系学生団体は、特定の地域に密着し、地域活性化を目的とした団体です。団体員の若いパワーを生かして、地域に貢献できるのが魅力的ですよね!

そのような地域系学生団体は、大阪近辺ですと「関関COLORS」や「学生団体Volante 関西支部」などがあります。「関関COLORS」を例にとると、大阪府池田市栄町商店街の空き店舗を活用して、子供預かりサービスや地域の春まつり・周年イベント・夏まつりなどとのコラボイベントを実施しています。

地域系学生団体のメリットは、地域社会との連携を肌で感じられる点です。地域社会にはいろいろな人がいて、普段通り過ぎるだけでは気づかない地域特有の課題があることに気がつくはずです。

地域系学生団体の目的は、地域に根ざした活動、具体的には「町おこし」や「地域活性化」といった活動ですから、将来的に市役所や地方銀行など地域に密着した業務に携るのであればよい経験になりますし、面接にも役立てることができます!

国際交流系学生団体「国際交流学生団体ONE WORLD」

国際交流学生団体ONE WORLD

国際交流系学生団体は、海外からの留学生を中心に、グローバルな交流の場をもち、国際感覚を磨いたりコミュニケーションをとっていくことを目的とした団体です。

このような国際交流系学生団体は、大阪近辺で「国際交流学生団体ONE WORLD」「学生国際交流パーティーÉlan(エラン)」「One Coinでつながるせかい」などがあります。「国際交流学生団体ONE WORLD」を例にとると、月に2度、100人規模の国際交流イベントを開催するほか、月に8回ペースで10~30人規模の国際交流イベントを開催しています。

国際交流系学生団体のメリットは、日本にいながらいろいろな国の人たちと交流できる点です。個人で国際交流しようとすると、留学、海外旅行などどうしても時間も費用もかかります。いくら勉強のためとはいっても、自腹で海外旅行なんて、何度も行けませんよね。

その点、学生団体であればそこまでの費用はかかりません。なにより、他の学生団体との交流で大阪以外の地域ともどんどん交流できます。将来の職種として国際的な業種を選んだり、バリバリに海外活動する予定があるなら、こういった団体に所属することには大きな意義があります。

ボランティア系学生団体「学生団体Infinite Connection」

ボランティア系学生団体「学生団体Infinite Connection」

ボランティア系学生団体は、文字通りボランティアによって社会に関わり、社会をよりよくしていくことを目的とした学生団体です。地域におけるボランティア活動だけでなく、海外の発展途上国に向けた支援まで幅広い活動内容があります。

このようなボランティア系学生団体は、大阪近辺で「学生団体Infinite Connection」などがあります。「学生団体Infinite Connection」を例にとると、東南アジアのラオスにおける教育改善を大きな目標としています。三宮、西宮北口、梅田を活動拠点とし、週1回のミーティングと月2回の募金活動、そのほかチャリティーイベントを行い、他団体との協力により幼稚園と小学校の建設を達成しています。

ボランティア系学生団体のメリットは、ボランティア活動することで人間性を磨き、よりよい社会人を目指せることです。もちろん、活動すること自体が社会のためになるため、ぜひオススメしたい学生団体といえます。

就職活動のためにボランティアをするというのでは本末転倒ですが、ボランティアが就活に役立つかといえばもちろん役立ちます。ボランティア活動は、所属しているだけではもちろん意味がありません。しかし、多くの企業にとってボランティア活動を実際にしている学生は魅力的で、自発的に動ける学生というのはそれだけでも重要ですし、オマケに学生の人間性も期待できます。

企業にとって、社員が起こした不祥事や事件は会社の存続に関わることもある大問題。人を助ける意思がある、すすんで良いことをする人であるということも企業にとっては大切なのですよね。

メディア系学生団体「きっとみつかるカフェ」

メディア系学生団体「きっとみつかるカフェ」

メディア系学生団体は、ホームページ運営やフリーペーパーやプロモーションビデオ作成など、いわゆる「情報」「メディア」とよばれる分野を幅広く手がける団体です。将来、メディア・出版関係に勤めたり、企業広報に興味があるなら、メディア系の学生団体は大いに役立つことでしょう。

このようなメディア系学生団体は、大阪近辺で「きっとみつかるカフェ」などがあります。「きっとみつかるカフェ」を例にとると、情報サイトの運営、記事の作成、広報、渉外、制作、企画などさまざまな活動を行っています。多くの部署があるので、メディアに関する多様な経験が積むことができます。

メディア系の学生団体では、特定の才能に特化した人材も多数含まれることが特徴のひとつです。ですからメディア系の学生団体の一番のメリットは、団体内で色々な才能に出会えることだといえます。メディア系といっても、イラスト・デザインや文章、取材術や交渉術などいろんな要素がありますが、色々な人材が集まることでいろいろな分野の学びが生まれる、というわけです。

もしかしたら、学生団体で知り合った友人が有名なデザイナーになっているなんてこともあるかもしれません。学生のうちに関連人脈を広げられるのも学生団体ならではのよさですよね。

まとめ

さて、今回は就活に役立つ学生団体を大阪周辺を中心にご紹介しました。

企業・就活系学生団体は、そのままずばり就活に関連する情報を共有、交換する団体です。うまくいけば、希望する業種の生の情報を入手できます。

地域系学生団体は、特定の地域振興に関わることを目的とする団体です。市役所や銀行など地域に密着した業務が予測される業種の実体験ができます。

国際交流系学生団体は、世界のさまざまな国の人や文化と交流できる団体です。数ある学生団体の中でも、大阪は海外との接点が多い土地柄から充実した活動が期待できます。

ボランティア系学生団体は、ボランティア活動を通じて地域貢献・海外貢献を目指す団体です。人間性を磨き、よりよい社会人を目指すという意味で、就活においては広くいろいろな方面で応用でき団体といえます。

メディア系学生団体は、メディア・出版関係・企業広報などに関わる団体です。将来の業種としてこういった業務が予想されるなら、学生団体の中で腕やセンスを磨いたり、人脈を築くことができます。

学生団体は、所属して実際に活動することが大切ですが、それ以上に自分の目標に合ったものでないと活動しても身になりません。ぜひ、しっかりと吟味して団体を選び、夢を実現しましょう!

この記事をかいた人

ユキト

中学から高校までは野球部で、大学2回生までは居酒屋でアルバイトしていました「ユキト」です。
そろそろ就活が気になり、「自分の武器を身につけたい!」と思っていたところで2回生の夏に株式会社YKT Innovationと出会いました。
YKT Innovationのすごい仲間と励ましあいながら、主に営業スキルや経営のことを学んでいます。
岡田社長のようにしっかりした男になることを目指しつつ、「自分の会社を持って社会を変える!」ことが将来の夢。

ユキトの最新記事

タイトルとURLをコピーしました