就職活動

就活のために役立つ!学生限定の業界別セミナーの内容をご紹介

就活のために役立つ!学生限定の業界別セミナーの内容をご紹介

さあ就活を始め始めようというとき、企業研究・自己分析・筆記試験対策・面接の準備など、一体なにからどのように取り組めば良いのかわからないことばかりでホント困ってしまいますよね。

そんなときは、学生限定のセミナーを活用して情報を集めることにより、就活を効率良く進めることができます!まずは業界を選んだ上、なるべく多くのセミナーに参加してみましょう。そうすることで、業界についての理解が深まるととも、それぞれの企業の働き方やカルチャーの違いなども把握できるようになるため、その後の就活の進め方についても多くのヒントや気づきを手に入れることができます。

業界別セミナーには同じ業界の複数の企業が参加する合同セミナーや、企業が独自に開催するセミナーがあります。合同セミナーは1社あたりの持ち時間がせいぜい10分程度と短く理解を深めることは難しいことから、僕は企業独自開催セミナーをオススメします!

ということで今回は数ある業種の中から、近年就活生より圧倒的な人気を誇る「商社」を例に選び、4つの商社が開催する学生限定セミナーの内容についてご紹介していきます!

それではまず最初に、商社の中でも特に人気の高い総合商社(幅広い商品・サービスを取り扱う)の学生限定セミナー事例として、伊藤忠商事と三菱商事の2社についてご紹介します。

伊藤忠商事:グループワークを通して企業文化を理解する

一緒に何かをやるイメージ

伊藤忠商事は1858年に初代伊藤忠兵衛が行商で創業、 現在は世界63カ国に約120の拠点を持つ総合商社で、繊維、機械、金属、エネルギー、化学品、食料、住生活、情報、金融の各分野において幅広いビジネスを展開しています。

伊藤忠商事は仕事への取り組み方や価値観を理解してもらうことを目的に、学生限定セミナーを毎年開催しています。セミナーの内容は以下のとおりです。

パネルディスカッション

先輩社員が若手時代にどのように過ごしてきたかを紹介してくれます。社会人としてどのようにスタートすべきなのか、先輩社員が若手時代にどのような経験により大きく変わることができたのか、皆さんが今後のキャリアアップを考えるうえでとても参考になります!

座談会

社内のさまざまな部署で活躍している先輩社員や海外駐在経験者が参加する座談会です。支社のある各地域でも開催されているので、各支社で活躍する先輩社員と直接会話もできます。

グループワーク

伊藤忠商事では、若手でも入社1年目からどんどん仕事が任される文化があります。また、仕事を進めるにあたって先輩や同僚が互いに助け、支え合う文化もあります。このような同社の文化を、グループワーク演習を通して理解してもらうことを狙っています。

三菱商事:セミナー以外のさまざまなイベントを通して理解を深める

会議のイメージ

三菱商事は世界約90の国・地域に広がる拠点とともに天然ガス、総合素材、石油・化学、金属資源、産業インフラ、自動車・モビリティ、食品産業、コンシューマー産業、電力ソリューション、複合都市開発の10グループ体制によりさまざまなビジネスを進める総合商社です。

学生の皆さんに理解を深めてもらうことを目的に、同社ではセミナー以外にも社員との交流会、Webセミナーなどのさまざまなイベントを毎年開催しています。

セミナー「MC Career Fair」

人事部採用チームによる講演と、テーマごとに3名の社員がキャリアや業務内容を熱く語ってくれるパネルディスカッション式のセミナーです。

過去のテーマとしてはエネルギー・電力、モビリティ・インフラ、BtoCビジネス、次世代ビジネスなどがあります。学生の皆さんに、三菱商事の強みである「全産業を俯瞰(ふかん)する総合力」を肌で感じてもらうことがねらいです。

社員との交流会

学生の皆さんからの質問に対し先輩社員がとことん答えてくれるイベントで、全国各地で開催されています。やりがい、社内の雰囲気から仕事の具体的な内容など、さまざま質問をぶつけることにより理解を深めることができますよね。

Webセミナー「MC Web Seminar」

より多くの学生の皆さんにも知ってもらおうと、Web形式のセミナーも定期的に開催しています。三菱商事のビジネスモデルや求められる人材についての説明のほか、質疑応答にも対応してくれます。

次に、専門商社として日本ロレアルとファーストリテリングの学生限定セミナーをご紹介します。総合商社が「インスタントラーメンからミサイルまで」と言われるように幅広い商品を扱うのに対し、専門商社では扱う商品が決まっているため、総合商社のような配属リスク(どこに配属されるかわからない)がないというメリットがあります。扱いたい商品にこだわりがあるのであれば、専門商社をぜひ検討してみましょう。

日本ロレアル:グローバルに活躍できるマーケターを目指すあなたにオススメ

クリエイティブのイメージ

世界最大の化粧品会社ロレアルグループの日本法人である日本ロレアルは化粧品の専門商社で、グローバルに活躍する人材を送り出していることで知られています。

それを支えているのが日本ロレアルの独自の人材育成制度で、ロジックとクリエイティビティという相反する特性を大事にしながら、グローバルに活躍できるビジネスマンの育成に力をいれているんです。

日本ロレアルも学生限定のセミナーを毎年開催しています。セミナー内容は以下のとおりですが、講演だけでなく現場で活躍している社員と近い距離で会話できる座談会も準備されています。

  • 会社説明
  • マーケティング・ケーススタディ
  • 社員座談会

日本ロレアルが求めている人材の特性として「右脳と左脳のバランスに優れたリーダータイプ」があります。同社は、モノゴトをロジカルに考える力(左脳)に加えて、化粧品市場に求められる、ひらめきなどのクリエイティビティ(右脳)の能力についても、とても重視している会社なんです。

セミナーでは豊富な実戦経験を持つ社員が、自社の「右脳&左脳」を活用したマーケティング手法について、豊富な具体例をもとに紹介してくれます。

特に、起業家精神を持って目標に取り組みたい人、未知の領域に積極的に取り組む意欲のある人、グローバル企業の先進的自由な働き方に興味ある人にオススメです。

ファーストリテイリング:社長講演や先輩社員との会話により働く意味について考える

話し合うイメージ

ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ衣料品の専門商社、ファーストリテイリングの学生限定セミナーは「希望塾」と呼ばれていて、社長講演、先輩社員との交流会およびオフィスツアーを含む、とても充実した内容となっています。

セミナーの内容は以下のとおりです。

社長メッセージ

私たちは世界に対して何ができるのか、仕事や働く意味について柳井社長が熱く語ります。

先輩社員との交流会

第一線で活躍する先輩社員が参加する、グループ型セッションです。現在担当している仕事の楽しさや、キャリアを今後どう積み上げていくかについて、先輩社員が皆さんに語ります。先輩社員との会話を通して、皆さんの今後の働き方や、キャリアアップについて考えるきっかけにしてもらうことがねらいです。

オフィスツアー

東京都有明にある最新オフィス「UNIQLO CITY TOKYO」のツアーです。ファッション、ビジネス、デザインなどさまざまな良書を取りそろえた「Reading Room」、折れ曲がった廊下を設計に取り入れることで社員同士の偶然の出会いと会話を生み出す「ストリート」、世界中の最新情報にアクセス可能な学習に特化した多目的空間「The Answer Lab」など、実際のオフィスの様子から、新しい働き方を体感できます。

まとめ

以上、今回は数ある業種の中から、近年就活生より圧倒的な人気を誇る「商社」を選定のうえ、4つの商社が開催する学生限定セミナーの内容についてご紹介しました。

まず最初に、幅広い商品・サービスを取り扱う総合商社の例として、伊藤忠商事と三菱商事の学生限定セミナーを取り上げました。

伊藤忠商事では、先輩社員が若手手時代にどのように過ごしてきたかを紹介してくれるパネルディスカッション、先輩社員との座談会、さらには入社1年目からどんどん仕事が任される文化や、仕事を進めるにあたって先輩や同僚が互いに助け、支え合う文化を、グループワーク演習を通して理解するセミナー、といった内容でした。

三菱商事では、社員がキャリアや業務内容を熱く語るパネルディスカッション形式のセミナー以外に、社員との交流会やWebセミナーを別枠のプログラムとして準備して、より多くの学生の皆さんに理解を深めてもらおうという姿勢が印象的でしたね。

特定の分野に特化した専門商社の例としては、日本ロレアルとファーストリテリングの学生限定セミナーをご紹介しました。

日本ロレアルでは、会社説明や座談会に加えて、日本ロレアルならではの「右脳&左脳」を活用したマーケティング手法について、豊富な具体例をもとに紹介してくれるケーススタディがオススメポイントです。

最後のファーストリテリングでは、柳井社長メッセージや先輩社員交流会を通して、仕事や働く意味について考える機会を提供するというものでした。また、東京都有明にある最新オフィスツアーも含まれており、新しい働き方を体感できる点も魅力的ですよね。

今回ご紹介した4社は学生限定セミナーを毎年、複数回開催していますが、これはより多くの学生の皆さんに企業についての理解を深めてもらうことを目的としています。

世界中のビジネスマン相手に対等に交渉、高給、安定、異性にモテるなど、華やかなイメージのある商社マンですが、会社ごとに仕事内容やカルチャーは異なることから、就職後にイメージと現実とのギャップに悩んでしまうケースも案外多いんです。

このため企業独自開催セミナーでそれぞれの企業の仕事の進め方、企業文化や雰囲気についてじっくりと研究のうえ理解を深めておく必要があります。就職後にミスマッチが判明してしまうというのはお互いにとって、これは本当に不幸なことですので、企業側としても事前にしっかりと理解してもらうように、実は相当工夫しているんです。

今回ご紹介した4社すべてに共通するのが先輩社員との座談会、交流会の存在です。企業側が特に注意し、力を入れているのが、先輩社員による体験談です。

それぞれの企業の仕事の進め方やカルチャーについては、短時間で読むことのできるWeb上の記事で伝えることは難しく、複数の先輩社員の個別でリアルな体験談を本人が物語として語り、それに対する学生側との質疑応答によってはじめて理解を深めることが可能なんです。

まさよし
まさよし

僕が学生限定セミナーをオススメする理由はまさにこの点にあります!

今回ご紹介した4社はあくまでも参考例ですので、各社で開催している学生限定セミナーを積極的に活用した上で、個人の企業研究だけでは到底理解できない企業カルチャーの理解を深めることにより、自分にピッタリな企業を見つけて就活に臨みましょう!

この記事をかいた人

まさよし

高校時代にイベント団体に所属し、いろんなイベントを手がけたり、あれこれ交渉したり、時にはリーダーとして後輩たちを引っ張ったりするマネジメントも行いました。大学2回生の冬にユキトの紹介によって株式会社YKT Innovationに入職して、今は岡田社長を始めとしたリーダー・マネージャーたちを見習いながらがんばっています。モットーは「関わった人を笑顔にする!」で、元気をとりえに未来のリーダーを目指しています。

まさよしの最新記事

タイトルとURLをコピーしました