就職活動

セミナーと説明会の違いって何?就活のメリット別に意味を解説!

セミナーと説明会の違いって何?就活のメリット別に意味を解説!

就活を始めるにあたっては、やるべきことが多すぎて、いったい何から着手すれば良いのか悩んでおられる方も多いですよね。

就活に必要な情報を集める方法はインターネット主体となりますが、その他の情報収集の場として就活セミナーがあります。就活セミナーは会社説明会、企業セミナー、就活スキルセミナー、採用広報セミナーなどのような、企業より提供される様々な情報提供の場をひっくるめた呼び名です。

これらの中でも、会社説明会と企業セミナーは就活における役割と目的が他の就活セミナーと異なっているという点については実はあまり知られていません。両者の違いを理解したうえで活用することで、より就活を効率的に進めることができます。

ということで、今回は会社説明会と企業セミナーの違い、さらに就活における活用方法についてご紹介します。

業界研究の重要性について

業界研究のイメージ

就活において自分の思い込みや先入観で企業を選んでしまうと、就職後にミスマッチに気がつき、こんなはずじゃなかったと後悔する危険性があります。入社後すぐ退職、そして再就職となってしまうと、企業と自分の双方にとって大きな損失となってしまいますよね。

就活でそんなミスマッチが起きる原因として、業界および企業研究が十分でないことが挙げられます。対策としては、企業研究に入る前にまず業界研究を行うことがおすすめです。そうすることで自分が希望する職種や業務内容について理解を深めることができ、どのような企業が自分に最適なのか分かるようになります。

業界研究の手順として、まず最初に希望とする業界を絞り込んだうえで、①業界の規模、②主要企業、③将来性の3点をポイントに調査し理解を深めましょう。業界全体を俯瞰することにより、各企業の立ち位置や主な顧客、収益の柱、業務内容などを理解することができます。同じ業界に位置付けられる企業でも、求められている業務内容が異なる場合もあるため、自分の思い込みで企業をイメージするのではなく、同業他社についてもしっかりと実態を調査し理解する必要があります。

自分が選定した業界の企業に関する調査を進めるうえで、ぜひとも活用したいのが会社説明会です。続いて、会社説明会の内容とメリットについてご紹介しましょう。

会社説明会の就活におけるメリット:1日で多数の企業について調査可能

会社説明会のイメージ
会社説明会は一つの企業が開催するケースよりも、リクルートなど求人広告や人材派遣・紹介を扱う大手の主催者が大会場を借り切って、複数の企業の説明会を一斉に行うパターンがほとんどです。そのため1日で多数の企業をまわることができるのが会社説明会のメリットといえます。会社説明会は自分が選定した業界の企業について効率よく調査できる絶好のチャンスなので、うまく活用しましょう。

会社説明会は参加する学生が非常に多く、企業側もどちらかというと学生に広く自社のことを宣伝することを目的としているため、各企業について深い情報を得ることは難しいかもしれません。しかしながらたくさんの企業に出会えるため、今まで気がつかなかった自分の興味を知ることができるというメリットもあります。会社説明会では先入観を持たずに、広くいろいろな企業と出会うことを心がけたいですよね。

業界を研究した後はいよいよ企業について詳しくチェックしていきます。

企業研究の重要性について

優先順位のイメージ
希望する企業が決まったら、自分の目指している企業イメージや価値観と合致しているのか、などを企業研究により確かめる必要があります。そのため企業研究は就活を進めるうえで必要不可欠な作業といえるでしょう。

具体的には、希望順位の高い順に①企業の強み/弱み/特徴、②企業の将来性、③求める人材/業務内容、③自分の長所/短所、④自分と企業の相性の感触などについて、各企業のWebサイトを調査のうえ整理します。

企業研究をしていないと説得力のある志望動機を書くことはできません。その企業における業務内容と、その企業で活躍している自分をイメージすることができれば、志望動機作成などの今後の作業を非常に効率的に進めることができるでしょう。

この企業研究を進めるうえで有益となるのが企業セミナーです。

企業セミナーの就活におけるメリット:企業側へのアピールが可能

セミナーのイメージ
会社説明会の目的が「学生に広く自社のことを宣伝する」であるのに対し、企業セミナーの目的は「就活において入社意欲の高い学生に自社をより深く理解してもらう」ことです。つまり企業セミナーは就活において企業について深く知る絶好のチャンスなのです。

企業セミナーは企業側の採用担当者による説明だけではなく、グループディスカッションやミーティングなどの学生参加型のイベントも行われます。また、「自己分析」「エントリーシート」「筆記試験」「面接」などをテーマにした就活スキルセミナーの開催、あるいはインターンや職場体験を行っている企業もありますので積極的に参加しましょう。

企業側の担当者と接することができる企業セミナーの就活には、次の2つのメリットがあります。

1)就活生から企業へのアピールが可能

企業側はグループディスカッションやミーティングを通して優秀な学生を見極めようとしており、学生の積極的な姿勢を求めています。就活生にとっては、自分をアピールできる良い機会ですよね。

2)企業の独自情報の入手が可能

実際に働く先輩社員の話を直に聞くことができるため、Webサイトだけではわかりにくい企業情報や採用情報を得たり、職場の雰囲気などを感じることができます。

以上、今回は会社説明会と企業セミナーの違い、さらに就活における活用方法についてご紹介しました。

  • 業界研究の重要性について:どのような企業が自分に最適なのか分かる
  • 会社説明会の就活におけるメリット:1日で多数の企業について調査可能
  • 企業研究の重要性について:説得力のある志望動機が書けるようになる
  • 企業セミナーの就活におけるメリット:就活生から企業へのアピール、および企業の独自情報の入手が可能

企業研究は自分と会社の価値観が合致しているかを確かめる作業ですが、価値観の合致を確認するためには自己分析作業も欠かせません。自分は一般社会においてどのような価値を持っているのか、どのような強み/弱みを持っているのか、企業においてどのような貢献ができそうかなどについて整理しておきましょう。

両親や兄弟あるいは友人などに、自分はどのような人間かを聞いてみるのも良いでしょう。そのうえで、自分の武器をどのようにアピールしていけば良いか検討することにより、就活を効率的に進めることができます。

会社説明会と企業セミナーを活用した就活により、説得力のある志望動機の作成、さらには面接官の質問に対し自分の言葉で熱く語ることができるようになるはずです。悔いのない就活をするためにも、企業セミナーを就活にしっかり活かしましょう!

この記事をかいた人

ユキト

中学から高校までは野球部で、大学2回生までは居酒屋でアルバイトしていました「ユキト」です。
そろそろ就活が気になり、「自分の武器を身につけたい!」と思っていたところで2回生の夏に株式会社YKT Innovationと出会いました。
YKT Innovationのすごい仲間と励ましあいながら、主に営業スキルや経営のことを学んでいます。
岡田社長のようにしっかりした男になることを目指しつつ、「自分の会社を持って社会を変える!」ことが将来の夢。

ユキトの最新記事

タイトルとURLをコピーしました