就職活動

学生生活での営業バイトが就活で最高にメリットになる理由教えます!

学生生活での営業バイトが就活で最高にメリットになる理由教えます!

学生の頃はアルバイトをしていたという方が多いですよね。学生のアルバイトでは接客業や飲食業で働く人が多いですが、営業のアルバイトには最高のメリットがあるのでおすすめです。それは営業のアルバイトはたくさんの人と触れ合うことができるのでコミュニケーション能力を向上させることができたり、社会人として大切なスキルを身に着けることができるためです。

さらに具体的に言うと、就職活動時に体験談としてすごく有効です。営業のアルバイトにもさまざまな職種がありますが、営業の仕事を間近でリアルに体験することができて、さらも社会経験を積むこともできるんです。

また、社会のルールや他の職種でも通用するスキルが身に着きます。基本的な挨拶から、報連相、接客、電話応対やパソコンスキルなど、社会人になり営業以外の職種についたとしてもビジネスで必要なスキルを学べます。

将来営業の仕事に就きたいと思っている方はもちろん、たとえ営業の仕事に就く予定がなくても営業でのアルバイト経験は将来役に立つことは間違いないので、ぜひ参考にしてみてください。

それでは、今回は学生生活で営業のアルバイトが最高のメリットになる理由についてご紹介します!

就職活動時の体験談として有効

就活のイメージ

昨今の就職状況はとても厳しくて、就職後、短期で離職してしまう人も多いですよね。その離職の理由の一つとして、社会人としての仕事内容がイメージしづらいというものがあります。

一方、学生のうちから営業のアルバイトをするのは、仕事内容をしっかり理解できる最高の体験になります。この体験が、理想と現実のギャップを埋めてくれるんです。

さらに、営業のアルバイト経験は就職活動時に面接で話すネタとしても役に立ちます。例えば「学生時代の営業バイトを通して、コミュニケーション能力や社会人として必要とされるビジネスマナーを身につけることができました!」なんて、自信を持って言えたらかっこいいですよね。

学生時代のサークル活動は、社会人になってから直接関係しないことがありますが、営業のアルバイト経験は、社会人になってからどんな職種に就くとしても将来必ず活きてくるので、最高の経験と言えます。

めげそうになった時に踏ん張りがきくようになる

努力のイメージ

営業の仕事では売れる件数よりも断られる件数の方がはるかに多くなります。実際に僕も時にはきつい言い方で断られることもあるので、心が折れそうになることも少なくありません。

そこで大切なのは、いかに売れるようにするか考えて、何がよくないのか、どのように話をすれば良いのか工夫すること。そうすると、少しずつでも売れるようになっていくんですよね。このように売れるようになれば、小さな成長でも大きな達成感を味わうことができます。

営業の仕事は基本的に、精神的にきついと言われています。アルバイトも、社会人として営業している人ほどではないかもしれませんが、精神的につらい、きついと思うことはたくさんありますよね。営業バイトを経験すると、そんなときも踏ん張れる力がつくんです。

しかも、アルバイトでも正社員の人と一緒に資料作成や電話応対なども携わることができ、営業の現場で直接学ぶことができる会社もあります。営業回りをすることもあり、名刺を作ってもらえることもあるかもしれません。さらに会議に参加したり、見積もりの手伝いもできる場合があり、非常にリアルなやりとりを間近で勉強できるということは、最高にいい経験ができますよね大きなメリットがありますよね。

社会経験を積むことができる

経験と成長のイメージ

営業のアルバイトと言ってもさまざまな種類があります。例えば新聞社の営業のアルバイトは、新聞の新規契約のお願いをするために家を訪問したり、契約を頂いているお客様で契約更新が近い人の家に行き、契約継続のお願いをしたりする仕事です。最初はお客様と話すことに緊張すると思いますが、慣れてくるとお客様と雑談をしながら話ができるようになったりするんですよね。

他にも、コールセンターの営業のアルバイトもあります。携帯電話やインターネット回線などの営業だったり、化粧品や健康食品などの営業など、扱う商品は会社によって変わってきます。主に電話を使った営業になりますが、電話対応はどの会社や業種に就職したとしても役に立つスキルですから、一生の財産になりますよね!

また、企業へのインターンとして営業職を希望する方法もあります。学生時代に企業で営業の就業経験ができることは、最高のメリットになるのでおすすめです。またインターンとして働き、実力が認められればそのままその企業に就職できるケースもありました。

営業職はどの業界でも必ずある仕事です。つまり、社会を知るためには営業職は最も最適の仕事を言えるはず。そのため、学生時代に営業経験を積むことは社会人になってからも役立つ、最高のメリットとなるのです。

社会のルールを学ぶことができる

ルールのイメージ

学生時代に営業のアルバイトをすることは、社会のルールを学べるという最高のメリットもあります。学生とは違う社会のルールというものが存在し、社会に接する機会があまりない学生がこれを学べる機会は少ないです。

例えば「基本的な挨拶なんて普通にできるよ!」と皆さん思っているかもしれませんが、意外にできていないという人が多いのも事実です。社会人において挨拶も大切な仕事の一つなので、会社の人やお客様にはもちろん、入り口で応対してくれる事務職員の方などにも大きな声できちんと挨拶をしましょう。

また、報告・連絡・相談の報連相を学ぶこともできます。社会に出ると仕事を受ける営業がいたり、物を作る製造がいたり、お金を請求する総務がいたりと、一つの仕事でもそれぞれの部署で、それぞれ担当している人がいます。

仕事が完了するために、注意事項や進歩状態について、その仕事に関わる担当者全員が確実に把握できるようにして、完結できるようにするためには報告、連絡、相談をしっかりしてコミュニケーションを取ることが大事です。営業のアルバイトは、この「報連相」がしっかり身につきます!ですから学生時代に営業のアルバイトを経験することは、社会のルールを学ぶのに最高と言えるのです。

他の業種でも通用するスキルが身に付く

スキルのイメージ

学生の営業のアルバイトでは、ビジネススキルを身につけることができるという点が最高のメリットなのです。お客さんとの丁寧な受け答えや、電話応対の仕方、またパソコンのスキルなどが身につきます。また、お客様にしてみれば正社員もアルバイトも関係なく、全員が「営業のプロ」とみなされます。

そのため営業のプロとしての意識が生まれ、スキルアップと同時に仕事への強い責任感も出てくるはずです。そんな人材は企業にとって非常に魅力的ですから、ぜひとも入社してほしい学生として注目されます。

他にも、例えばスーツの着方や名刺の渡し方などのビジネスマナーも身に着けたり、プレゼンテーション能力や交渉術、コミュニケーションスキルなども習得することが可能です。

このようなスキルは、社会人として大切なスキルでなので積極的に学んで損はありません。もちろん営業職で正社員を目指している人にもとても有利な経験となり、面接でもアピールできるポイントになります。

 

さて、今回は学生生活で営業のアルバイトが最高のメリットになる理由についてお伝えしました。学生生活で営業のアルバイトをすることには、たくさんのメリットがあります。まず、学生時代に営業のアルバイトをしたという経験は、就職活動時の体験談としても有効です。

採用面接官も、営業のアルバイトを評価することが多いです。なぜならサークルの活動は社会人としての仕事に直接関係しないことがありますが、営業のアルバイト経験は、将来どのような仕事に就いても必ず役に立つと言えるからです。

また、営業のアルバイトは精神的にきついことが多いです。お客様から見ればアルバイトも正社員も違いはないので、正社員と同じようにきつい言い方で断られたり、追い返されたりするかもしれません。僕も同僚たちも経験あります…。苦労することも多いですが、営業のアルバイトをこなしたことで、将来社会人になった時の糧になりますよ!

そして、営業のアルバイトは比較的研修がしっかりしているところが多く、正社員と同じような仕事をすることができることもあります。会社によっては、雑用だけでなく実際にお客様の対応をさせてもらえることも!そのため、社会人になる前に実際に正社員と同じような仕事ができる可能性もあります。

他にも挨拶や報連相などの社会人として基本的なことを学ぶことができたり、スーツの着方や名刺の渡し方などのビジネスマナーを身に着けることも可能。また、お客様の接客の仕方や、電話対応、パソコンスキルもマスターすることができ、これらは営業の仕事以外の職種でも役に立つスキルです。

今回の記事でご紹介したように、学生生活で営業のアルバイトをすることは最高のメリットがあります。将来営業の仕事に就かないとしても、社会人として必要なスキルを身に着けることができるというメリットもあるので、ぜひ学生生活で営業のアルバイトをしてみましょう!

株式会社YKT Innovationでは、そんな営業のアルバイトに興味を持ってくれた仲間を募集しています!ぜひ、僕たちと一緒に成長しましょう!

仲間募集中!〜応募はこちらから

 

この記事をかいた人

ユキト

中学から高校までは野球部で、大学2回生までは居酒屋でアルバイトしていました「ユキト」です。
そろそろ就活が気になり、「自分の武器を身につけたい!」と思っていたところで2回生の夏に株式会社YKT Innovationと出会いました。
YKT Innovationのすごい仲間と励ましあいながら、主に営業スキルや経営のことを学んでいます。
岡田社長のようにしっかりした男になることを目指しつつ、「自分の会社を持って社会を変える!」ことが将来の夢。

ユキトの最新記事

タイトルとURLをコピーしました