就職活動

卒業後の人生が変わる!学生ならではの営業バイトあるある話

ナガヨシ

営業といえば、「成績重視のノルマあり・ペコペコしないといけない・怒られることがある」といったマイナスイメージを持たれる方が多く、その先入観から、「私なんて…」とか「就職してからも営業はなぁ…」と思われる方も少なくないですよね。

しかし学生中にしかできない学生ならではの営業の仕事を経験することは、就職活動にも活きていき、就職後の成績や人間的強さも構築出来ます!

営業バイトでは言葉使いや礼儀を学べ、相手の気持ちを理解しながら話をしていく能力が身につきます。そしてどこの会社でも利益を持ってくる職種は営業であり、制作製造や事務も全て営業職があって成り立つ仕事なのです。そんな営業の仕事を学生の頃から始めていたらどれだけスタートダッシュが切れ、周りに差をつけ、人生を豊かにするか!ワクワクしますよね!

そこで今回は、卒業後の人生が変わるかもしれない学生ならではの営業バイトのあるあるとそのメリットを話していきます!

同じ学生同士で経験値と経済面で大差がついてしまうあるある

経済面で差がつくイメージ学生中に営業の仕事を体験することは周りの学生達と経験値と経済面ともに差がつきます。

まず経験値とは営業を学ぶ事によって習得できる、言葉や身振りの使い方などのスキル面と、誰とでも容易に話せる様になるコミュニケーション力やメンタル面のことです!このような経験値を学生時代から積んでおくことによって就職してからの営業活動はもちろんのこと、日常のあらゆる人と接する場面で自然と活かせると言っても過言ではありません。

一方経済的な面では、他の学生は時給制のバイトで働いていることが多いのである程度稼ぎがシフトによって限られることになります。しかし学生ならではの営業バイトは完全歩合制の仕事なので、全て成績には報酬が発生し、時給では稼げない、学生では稼げない様な給料に達成することが可能なのです!

なので学生でお金を持っている人は「営業バイトをしていがち」っていうあるあるはありますね!

圧倒的すぎて就職活動で浮いてしまうあるある

堂々と話している様子
学生の殆どが不安であり苦労する可能性が高いであろう就職活動。これは大学を出て就職をする学生ならではの避けては通れない門ですよね。しかし営業の仕事を経験していると、面接が楽しいのなんの。

ヨッシー
ナガヨシ

「就職活動を無双出来る!」と表現する人が多いのも営業バイトをしている学生ならではです!

まず履歴書にもあるように学生時代に頑張ったことは必ずと言っても良いほど面接では聞かれます。この場面で営業の仕事をしていたと話すと営業系の会社の面接官は確実に食い付きます。他の面接にきた学生とは違うことを確実に感じることでしょう。

そして最初からスタートを切れる人間、忍耐力がある人間と判断され、優位になります。その上営業で鍛えた人前でも話す能力がついているので、同じ面接にきている学生とは歴然の差が出ること間違いなし

ヨッシー
ナガヨシ

営業を経験していると就職活動がむしろ楽しくなるのは学生営業バイトならではのあるあるです!

意識が高くなったり、独立願望を持つようになるあるある

意識が高いイメージこの学生営業の大きな特徴は個人事業主という雇用形態です!一般のバイト雇用や就職してからの社員雇用は会社自体が個人を雇用して働かせるという状態にありますが、個人事業主は完全歩合制であり、自分の力でお金を稼ぎます。なので言わば投資家や経営者と同じ目線であると言えるでしょう。

ヨッシー
ナガヨシ

実際僕が身近な社長に「いつから経営者としてやられているのですか?」と聞くと「個人事業主の時から合わせると〜」という返答が返ってきたことがあるぐらいです。

完全歩合制は何時間働いたかではなく能力や戦略がお金を生み出すので、経営者の考えや有名セールスマンの本、自己啓発本を読んだりする人が多く、意識が高くなるのがあるあるです!それによって「将来は独立!」という願望を持つ子が現れやすいのも営業バイトに励む学生ならではのあるあると言えるでしょう!

組織としての協調力がつくあるある

団結しているイメージ学生営業をする際にはバイト先の組織に属することになるのですが、自分以外の先輩営業マン、同時期に入った営業マン等と交わる機会があります。しかし最初は「上手く馴染めるかなぁ?」と不安を抱く人もいますよね。

学生営業団体の組織ではトーク等のスキル面のサポートはもちろんのこと、今後人生における精神面の強化をサポートして貰えるような環境になっています!そして決起会などでプライベートでも仕事の話以外のことについて語り合えることも学生営業団体の魅力です!(^^)

ここでの組織の協調力は就職後、会社に入ってからの協調力にも活かすことが出来て、先輩・同期・後輩の人達とのコミュニケーション力を育む場と言えるでしょう!この力は人間である以上必ず必要不可欠であり、力を合わせて目標を達成するというかけがえのない体験を学生中にすることが可能です!

これは普通のバイトでは学べない、フルコミッション営業マンという一見過酷に思える状況での強い体験になることは間違いないでしょう!

ヨッシー
ナガヨシ

学生団体に属した学生達は協調力に長けているところも営業バイトを経験した学生ならではのあるあるです!

セールス力の他にマネジメント力がつくあるある

仲間とコミュニケーションをしているイメージ私がこの学生営業団体において一番学べることとして言いたいのが、マネジメント能力が向上されるという点にあります。マネジメント力とは簡単に言うと、自分の仲間にエネルギーを与え、支える力のことで、言わば経営者や会社での役職立場が上になった時に必ず必要になる能力です。

最初は「営業を学びたい!」、「稼ぎたい!」とこの道にくる人達がほとんどなのですが、営業成績が伸び始め基準値を達成すると、リーダーやマネジャーといった組織の役職につくことになるでしょう。そこでの役割は後輩営業マンや成績が伸び悩む営業マンの管理や指導を始め、人間としての中身や考えをも成長させる役目があります。

その能力がつけば社会に出てから単体で成績を出す人間よりも評価対象に値することが多いことは間違いありません。上記にあった将来の独立願望が芽生えるのも、このマネジメントを学ぶことによって起きます!

ヨッシー
ナガヨシ

学生中にこのような体験が出来るのは営業バイトに励む学生ならではで本当に価値が計り知れないことです!

まとめ

さて今回は学生中に営業活動をすることによるメリットと学生ならではのあるあるをお話させて頂きました!ここまでを振り返ってみると、学生時代に営業バイトに取り組むことによって、

  • 同じ学生同士でも経験値と経済面で大差がついてしまう
  • 圧倒的すぎて就職活動で浮いてしまうことがある
  • 意識が高くなったり、独立願望を持つようになる
  • 組織としての協調力がつく
  • セールス力の他にマネジメント力がつく

など、営業バイトに取り組む学生ならではあるあるやそのメリットがわかったのではないでしょうか。

ヨッシー
ナガヨシ

今の学生に限らず若い世代の人達は、「やりたいことがない」「何をしていいかわからない」とくすぶっている人達が多いようです。(僕もそうでした。。。)

 

しかしこの学生中に営業という職に出会い、仲間とお金を稼ぐだったり、目標を達成するといった体験をしたおかげで実際僕は人生の選択肢や仲間を増やせていけました!

 

そして就職して周りの同級生に差をつけたり、仕事が楽しいとイキイキしながら働いている先輩達をいっぱい見てきました!

 

だからこそ、学生ならではの営業バイトでの体験は自分の成長にとってすごく価値のあるものだと胸を張って言えます!

失敗などはありません。全てに学びがあります!将来が不安で今をくすぶっているそこのあなた!学生だからこそ体験出来るこの機会に、この世界に飛び込んでみましょう!

この記事をかいた人

ナガヨシ

大学2回生まで遊びとバイトをダラダラと繰り返す生活をしていて、成人式が終わり今の自分を変えたいという気持ちから回線の訪問販売を始める。入って10ヶ月間自社の代理店の営業成績でTOPを取り続ける。その後学生団体を立ち上げ一年間代表の任務を遂行する。そして仲間との出会いを繰り返し株式会社YKT innovationを設立。やり甲斐とビジョンとそれを共有出来る仲間達を一番大切にしていき、どこまでも突き進みます。

ナガヨシの最新記事

タイトルとURLをコピーしました