自己啓発

学生の営業バイトが最高な理由!時間がなくても月10万は稼げるコツ

時間がなくても月10万円以上稼ぐコツ

みなさん営業のバイトって一般的なイメージで行くと『辛そう』や『精神力がいる』などマイナスなイメージで捉える人が多いですよね。最初に申しますと、実はそんな事はあります。確かに営業とは辛い事が多い職種ですが、実際営業のバイトをしている大学生は全国に沢山います。

しかしそんな中で営業のバイトをする理由は、やはり月10万円も稼げることに大きなメリットがあるからです!もちろん、誰でも月10万円稼げるわけではなく、やはり稼げる人にはちょっとしたコツがあるのでは・・・!?と興味を持つ方もいるかもしれません。

そこで今日はそんな営業のバイトを実際に2年やってみた僕が、経験でしか知り得ない学生で営業のバイトをすることで得られるメリットと時間がなくても月10万円以上稼げるコツについてお伝えします。

大学生で営業のバイトをすることで得られるメリット:月10万円も稼げる

稼ぐイメージ

営業のバイトをする上でやはり一番みなさんが重要視するのは給料面ですよね。かくいう私もその一人で、やはり営業の一番の魅力は稼げることにあります。

例えば時給の仕事では時給を10円あげるのに、昇格したり、時には勉強をしたり、とても時間を費やします。それに対して営業のバイトでは1日に1件多く獲得するだけで、給料が上がります。

同じ働く時間でも自分の努力で給料が違うのでとても頑張りやすいです。このシステムのことをフルコミッションといい、固定の給料ではなく自分が獲得した件数分を給料に換算するという給料体系です。

稼ぐという点においてこれほどのメリットは他にありません。1ヶ月間時給のバイトを死ぬほど入ったとしても、よくて15万円〜20万円ほど。それなら同じ時間を営業に費やして倍以上の額に挑戦する事は学生のうちにやっていおいて損はないです。

学生で営業のバイトをすることで得られるメリット:時間に融通が利く

時間管理のイメージ

次に営業をするメリットは、時間です。大学生の皆さんは、平日学校に行き帰ったら勉強をしますよね。僕は朝から大学に行くのが苦手だったのですが、、、きっと皆さんは僕と違い、朝早くから起きて1限に出ているのでしょう

しかし大学の授業は昼の学校に行っている時間だけでなく、『課題』という帰ってからの時間も必要とします。課題が2、3個重なれば普通の時給のバイトと両立して行うのはとても難しいすよね。さらに深夜遅くまで残業すれば次の日の学校にまで支障をきたしてしまいます。そんな時営業バイトなら万が一急なレポートの課題が出ても大丈夫。フルコミッションなので誰かに迷惑をかける事はありません。さらにシフトの自由が効くので自己管理がしっかりしていれば次の日の学校に支障をきたすこともありません。そこが営業のいいところです。

例えば私の例でいうと

4月8日  月曜日
9:00~12:10 学校
13:00~14:30 営業
14:40~17:50 学校
18:00~21:00 営業

という風に営業と学校を交互に回して1日2本あげるというのが平日の目標です。このように自分でスケジュールを調整できますので、急な友達との飲み会(20歳になってから)や、課題が重なっても対応できますよね。逆に言えば空きコマなど空いた時間に稼働することも可能です。私はそんな自由なところが特に気に入っています。

大学生で営業のバイトをすることで得られるメリット:就活に強くなれる

就活に勝つイメージ

これは私の経験ではなく、卒業した先輩たちから聞いたお話になるのですが、就職活動において営業の経験は他の学生を圧倒できます。

なぜなら営業のバイトを経験している人たちは皆自信にみちあふれて、『私は他の人より優れている』と思っています。なぜなら営業をして行くうちに皆様々な困難にぶつかり、そこでPDCAを回してその問題を解決して行くからです。これをくり返すうちに彼らは根拠のない自信をつけて行くのです。

そのため、今までいろんな困難を解決してきた実績がその自信へと繋がって行きます。そんな自信に溢れた人が面接で魅力的に見えるのは当然です。実際皆が持っている能力は他の学生よりも秀でています。実際の卒業生の就活の実績でもそれが見て取れます。誰もが知っているメガベンチャーや、総合商社など私が知っている卒業生の肩だけでも華々しい成績です。

皆さんが大学卒業後に就職を望んでいるのなら学生で営業のバイトをしておくのは賢い選択であると思います。

学生の営業バイトで月10万円以上稼げるコツ:インセンティブ重視の団体を選ぶ!

営業団体のイメージ

ここまでは営業するにあたってのメリットなどを書きましたので次は入る団体の選び方をご紹介します。

まずはじめに知っておいて欲しいのは、団体が所属する代理店などの関係と入る団体によって1件あたりのインセンティブが変わってきます。もしあなたがこの文章を読んで幸いにも営業のバイトを経験したくなっていただけたのなら、この点はとても重要になりますよ。せっかく多くの件数を獲得してもインセンティブが低く稼げない。なんてことにはなりたくないですよね。

営業のバイトでは、基本的にどこの団体でも役職がありその階級によって給料が上がって行くのがほとんどなのですが、たまに給料が固定+インセンティブだったり、ひどいところでは完全固定給でやっているところもあります。正直な僕の感想をいうとせっかく営業という経験をするのに、固定で安定を求めるのはどうかと思います。

せっかくなら自分の限界に挑みたいので、団体にもよりますが、1件につき1万5千円以上あれば上出来ですね!できるだけインセンティブが高いところを選ぶのが、大学生の営業バイトで月10万以上を稼ぎ続ける最初のコツです笑

学生の営業バイトで月10万円以上稼げるコツ:チームの雰囲気も大事にする

チームのイメージ

次に大事なことはチームの雰囲気です。本来営業とは勉強と同じで自分との戦いになることが多いのですが、チームの雰囲気は自分のマインドに大きく左右することになります。

皆がバンバン稼働して件数をあげているチームと、誰も稼働せず獲得件数を報告しても誰も反応してくれないチームではマインドが違うのは明らかです。チームメイトにライバルや辛いことがあった時に一緒に飲みに行ったりしてくれる仲間がいればとても頑張りやすいです。互いに刺激を与え、一緒に成長できる。そんな雰囲気のチームに入ってください。

私も以前お客様との約束の時間を破り、お客様から厳しいお言葉をもらった時がありました。その日私は1日落ち込んでいたのですが、帰りにチームメイトの子に飲みに誘われ憂鬱な気分を晴らしてもらいました。その時にこんな人と一緒に仕事ができて幸せだと強く感じた経験があります。(※このときの私はちゃんと20歳を迎えてました)

ちなみにYKT innovationでは全てが揃っていますので、お忘れなきよう。。。それはさておきやはりいいチームに入ることが2つ目の学生の営業バイトで毎月10万円以上稼ぎ続けるコツです

 

時間がなくても月10万円以上稼ぐコツのまとめのイメージさて今回は学生で営業をやるメリットと、時間がなくても月10万円以上稼ぐコツについてお伝えしました。

私がこの文章でお伝えしたいことは、学生にとってマイナスなイメージを持たれがちな営業のバイトは実はとても都合のいい仕事になっているということと月10万円以上稼ぐには、入るチームを選ばないといけないということです。学校に通い、授業を受け、課題をこなしその上バイトをこなして寝る時間は少なくなる一方、入ってくる給料は生活費を除けば、贅沢なんてできない。そんな学生生活を送っている人はとても多いので、ならば営業のバイトで隙間時間を有効活用し、月10万以上稼いでしまいましょう!

さらにその経験が就活に活かされるとなればもうやらない理由はありません。

『ほんの少しばかり勇気にかけていたために、多くの才能ある人々が、一生、功を成すくことなく終っている』

これはシドニー・スミスの言葉です。もし私の記事が少しでもあなたの心を動かしたなら上記であげたチーム選びの2点をパスするチームで思う存分頑張ってください!このような記事を書くのは初めてですが、うまく伝わっていれば幸いです。

この記事をかいた人

たいせい

大学2回生の時に2年後の就活に不安を感じ、何か武器を身につけたく回線営業を始める。自分を律する難しさを感じながらも、代表として組織を引っ張る先輩達に1歩でも近づきたい一心で今年2年目。営業ではコミュ力ではなく継続力の方が重要であるんじゃないか?と最近感じます。これからも自分の弱点を克服していき、これから大きくなるYKT innovetionと共に自分ももっと成長したいです。

たいせいの最新記事

タイトルとURLをコピーしました